『美しい星空』
川根本町・三ツ星天文台
「冬の星空が一年で一番豪華。ダイヤモンドのような輝きを見せてくれます。」
月の表面の特徴や冬の星座の代表挌と言えるオリオン座、木星など・・・幻想的な星の世界を楽しむ事ができます。
川根本町水川の標高660㍍の山あいに位置する町営三つ星天文台は環境省の星空継続観察で、全国2番目に「星空が暗く星が見えやすい場所」として認められています。この天文台は約50平方㍍の施設内には口径40ミリのカセグレン式反射望遠鏡が備えられています。ガイド役を担うのが町民を中心につくる三つ星アストロミークラブ(MAC)。会員は地学の元高校教師や主婦、町職員、小惑星発見経験があるアマチュア天文家など多彩な顔ぶれな人です。毎週金曜から日曜の夜間、交代で天文台に詰め、宿泊者やふらり訪れたお一人様まで、町民ならではの素朴な案内で出迎えてくれます。

(写真は薔薇星雲です。)

■お問合せTEL/0547-56-2221(川根本町役場企画観光課)
■URL/http://misuboshi.iza-yoinet/link.html
f0176417_15153733.jpg

by sumatakyo | 2011-01-12 20:08
<< 天狗の落ちない大石『縁日』 湖上駅で愛を誓って >>



寸又峡温泉にある宿深山より、イベント情報や寸又峡で見つけた小さな季節をレポートいたします。
by sumatakyo